CRPSの深部組織の痛みのメカニズム

住谷昌彦、大住倫弘 CRPSの深部組織の痛みのメカニズム PAIN RESEARCH 2017;32:8-12 CRPSの病態については、四肢末梢(末梢神経系と脊髄および筋骨格系)の異常説と脊髄上位中枢神経系(特に脳)の異常説の2者に大別される 四肢末梢説 神経障害性疼痛 特徴…

難治性疼痛に対する神経リハビリテーション治療

穂積淳、大住倫弘、緒方徹、住谷昌彦 難治性疼痛に対する神経リハビリテーション治療 麻酔 2015;64:734-740 四肢切断後の幻肢痛患者を対象とした脳機能画像研究からは、大脳/脊髄上位中枢レベルでの機能再構築(reorganization)が神経障害性疼痛の発症基盤と…

痛みの感覚要素の大脳認知メカニズム

井上玲央、住谷昌彦、穂積淳、緒方徹、熊谷晋一郎、山田芳嗣 痛みの感覚要素の大脳認知メカニズム 麻酔 2014;63増刊:S44-S49 鏡療法 皮膚表面(ナイフで刺されているような、電気ショックのような)で感じているような痛みには無効、深部感覚(関節で捻られて…

幻肢痛の発症における大脳運動野の関与

住谷昌彦、宮内哲、植松弘進、四津有人、大竹祐子、山田芳嗣 幻肢痛の発症における大脳運動野の関与 麻酔 2010;59(11):1364-1369 幻肢痛の痛み 皮膚表在感覚に関連した疼痛 刃物で裂かれるような、電気が走るような、しみるような 運動感覚(自己受容感覚)…

身体知覚と運動学習 

森岡周 身体知覚と運動学習 四国理学療法士会学会誌 2011;(33): 5-8 身体帰属感 (sense of self-ownership)は、視覚と体性感覚が時間的・空間的に一致する(整合性)ことで生まれるが、逆に一致しないとそれを喪失してしまう 責任領域 頭頂葉と運動前野 体性…

悲しみと痛みと認知の中枢

仁井田りち、三村將 悲しみと痛みと認知の中枢 BRAIN and NERVE 2017;69(4):417-426 後部帯状回(23野)はデフォルトモードネットワーク(DMN)のハブであり、アルツハイマー病において早期に解剖学的結合が低下する部位である 前部帯状回(24野)はDMN,ワーキン…

ペインリハビリテーションの方向性  臨床と神経科学の融合

森岡周 ペインリハビリテーションの方向性 臨床と神経科学の融合 物理療法科学 2014:21:1-8 疼痛の3つの側面 感覚的側面 体性感覚野 情動的側面 扁桃体、島皮質、前帯状回 認知的側面 後頭頂葉(身体イメージ) 不動や運動抑制に基づいた痛みの慢性化プロセス…

ニューロリハビリテーション

大住倫弘、森岡周 ニューロリハビリテーション 2016;204;40-44 末梢神経に損傷が生じるとS1,M1,補足運動野の活動が徐々に変容。これらの脳領域は感覚運動ループを構成する重要な脳領域 ひとたび患肢を使用しないことの学習(学習性不使用 learned non-use)…

複合性局所疼痛症候群の身体イメージの変容とリハビリテーション

身体イメージ 「自己の全身について、ヒトが形成する心的な画像」 アメリカ心理会 CRP患者が主観的に感じる「身体の大きさや形態の歪み」と痛みの関連性に関する議論が盛んに行われている 過去の臨床研究においてCRPS患者は主観的な手の大きさを実際の手より…

神経科学に基づいた慢性痛に対するリハビリテーション戦略

森山周、信迫悟志、大住倫弘 神経科学に基づいた慢性痛に対するリハビリテーション戦略 Pain Rehabilitation 2015;5(1):3-10 痛みの側面 急性痛、慢性痛 感覚的側面、情動的側面、認知的側面 慢性痛の神経プロセス 損傷ー疼痛ー運動抑制ー疼痛防御行動ー学習…

痛みから捉える情動記憶の神経回路基盤

渡部文子 痛みから捉える情動記憶の神経回路基盤 生体の科学 2016;67(1):51-55 情動には外界から入ってきたシグナルの”価値”に応じて、自らの行動を強力に駆動する力がある ダーウィンの情動の定義 非常事態にさらされた生物が、適切に対処し、生存の可能性…

薬物で解決できない慢性疼痛

笠原諭、國井泰人、丹羽真一 薬物で解決できない慢性疼痛 精神科からの提言 臨整外 2017;52(1):76-79 筆者の慢性疼痛外来で合併するパーソナリティ障害 強迫性(39%)、依存性(22%)、演技性(14%) C群の強迫性パーソナリティや依存性パーソナリティは、わが国で…

検査で痛みがなければ痛みは精神的なモノ?

粳間剛 検査で痛みがなければ痛みは精神的なモノ? 地域リハ 2017;12(10):864-871 「検査で異常がないから問題ないです」って言う医療者は、動かしてもいないのに部品だけ見て問題ないといい、何もしてくれない修理屋さんと同じじゃないのかな うつなどの精…

疼痛と精神科

西松能子 疼痛と精神科 麻酔 2003;52増刊:S83-S93 通常どこにでもあるような、ささいな社会的不適応と漠然とした不安、心理的不調に加えて、ただ患者の”痛い”という訴えのみが存在する。特に社会的に、”心の痛み”が受け入れられにくく、“体の痛み”は受け入れ…

身体症状症と中枢性過敏症候群(あるいは線維筋痛症)

戸田克広 身体症状症と中枢性過敏症候群(あるいは線維筋痛症) 精神科治療学 2017;32(8):1087-1090 身体症状症では医学的に説明不能の身体症状(身体症状症)であるか否かを問われなくなり、身体症状、またはそれに伴う健康への懸念に関連した過度な思考、感…

身体症状症の認知行動療法

吉野敦雄、岡本泰昌、神人蘭、森麻子、高垣耕企、堀越勝、山脇成人 身体症状症の認知行動療法 精神科治療学 32(8):1083-1079 身体症状症は、「苦痛に感じる身体症状」と「それらな症状に対する過度な思考や感情や行動」と主な主徴とする疾患である つまり器…

身体症状症、疼痛が主症状のもの(従来の疼痛性障害)

西原真理 身体症状症、疼痛が主症状のもの(従来の疼痛性障害) 精神科治療学 2017;32(8):1009-1013 DSM-5から身体症状症(疼痛が主のもの)が新しく登場したが、これまでの概念から大幅に変更されたものといえる。改善点は特に医学的に説明できないという点…

身体症状症

宮地英雄 身体症状症 精神科治療学 2017;32(8):1003-1007 身体症状症は、DSM-5から登場した用語で、身体化障害の後継とされるが、身体障害の身体基準では身体症状が厳しく規定されるのに対し、身体症状症では身体症状に対する思考、不安、行動を基準の核にし…

慢性痛の脳内メカニズム

森山周 慢性痛の脳内メカニズム 体躯の科学 2017;67(8):573-578 痛みの多面性 感覚的側面、情動的側面、認知的側面 内側前頭前野 感情をコントロールする際に働く 背中外側前頭前野 DLPFC 目標を決めて行動するなど、ワーキングメモリに関与する領域 慢性腰…

痛みの伝導路と侵害受容による脳反応

乾幸二 痛みの伝導路と侵害受容による脳反応 最新精神医学 2017;22(2):85-91 侵害受容器 高閾値機械的受容器 特異的侵害受容器 nociceptive specific;NS Aδ線維 脊髄第I層(Aδ) ポリモーダル受容器 広作動域 wide dynamic range ;WDR C線維の自由神経終末 脊…

痛みと睡眠問題

井上雄一 痛みと睡眠問題 最新精神医学 2017;22(2):109-115 睡眠と睡眠障害両者の併存は病態を双方向に悪化させる悪循環を形成する可能性がある FM患者のQOL改善のためには睡眠障害の理解と対応が必須事項であると考えられている FMでの自覚的な睡眠障害 45-…

痛みと情動の生物学的基盤

加藤総夫 痛みと情動の生物学的基盤 最新精神医学 2017;22(2):93-102 痛みのマトリクス 1-4の総体が、我々の痛み体験を形成すると認識されるに到った 1 あらゆる痛みに共通の単一の「痛み中枢」は存在しない 2 むしろ、侵害受容入力は、きわめて多くの広範な…

慢性疼痛の臨床に必要な心理社会的評価尺度 MPI

笠原諭、松平浩、荒瀬洋子、村上安壽子、高橋直人、矢吹省司 慢性疼痛の臨床に必要な心理社会的評価尺度 MPI 最新精神医学 2017;22(2):103-108 MPI;Multidimentional Pain Inventory 認知行動療法を慢性疼痛患者に適応する際に、直接的にターゲットになるの…

痛み診療における森田療法の役割

平林万紀彦 痛み診療における森田療法の役割 最新精神医学 2017;22(2):131-137 ‐身体因の有無を問わず痛みがこじれるときは「痛みを嫌うと痛みに注意が向いて」「痛みに過敏になり」「痛みを恐れてますます注意を向きやすくなり」「さらに過敏になり苦痛が強…

慢性疼痛と幼少期の体験

慢性疼痛と幼少期の体験 ペインクリニック 2017;38(8):1025-1026 幼少期の体験が成年後に与える情動行動面への影響について、近年、医学領域でも注目されてきている 知的障害については、その後の英国のあたたかいケアを受けるなかで改善したが、6ヶ月以上…

身体表現性障害の森田療法

塩路理恵子 身体表現性障害の森田療法 心身医 2014;54(4):326-331 森田はその成り立ちを「とらわれ」から理解し、注意と感覚の悪循環が働くことを指摘した 身体の不調に対する不安、疾病に対する恐怖の裏に「仕事をやり遂げるために体調を万全にしておきたい…

総合病院心療内科での森田療法の実践

太田大介 総合病院心療内科での森田療法の実践 心身医 2015;55(4):346-351 不定愁訴患者のとらわれを森田のいう思想の矛盾に照らして理解すれば、かくありたいという自分像と現状のかくある自分との間を埋めているのが各種身体症状といえる。 患者の身体症状…

DSM-5によって失われた身体症状症に関連する歴史的概念

野間俊一 DSM-5によって失われた身体症状症に関連する歴史的概念 精神科治療学 2017;32(8):997-1002 「心気症」には身体的特徴と、それに対する疾病不安という二節制が存在するが、DSM-5では身体症状のあるものは「身体症状症」へ、不安症状は「病気不安症」…

身体症状症の概念

磯村周一、鬼塚俊明 身体症状症の概念 精神科治療学 2017;32(8):991-995 新たな診断基準(DSM-V)の要諦は、以前のように身体症状に対して医学的説明が出来ないことを強調するのではなく、むしろ陽性の症状および兆候(苦痛を伴う身体症状に加えて、そうした症…

痛みと関連した症例の経験

本島昭洋 痛みと関連とした症例の経験 臨床精神医学 1996;25(12):1489-1495 Kleinmanによると、病とは経験であるが、痛みのなかには、実につらく苦渋に満ちた経験があると考えられた Heibronnらは、pain pron disorderと名付けて特徴を上げている 臨床的特徴…