catalina / vmware fusion 不具合

  • 問題 catalina(10.15)にupgradeしたら、vmware fusionが使えなくなった
  • 環境 macbook air / vmware fusion 8.5 /win7
  • 症状 画面が黒(black out)。「仮想マシンのライブラリ」ウインドウでは表示されている。キーボードの入力はできる。Mojave(10.14)の時は全く問題がなかった
  • 調べるとvmwareのforumにblack screen問題として記載があった
  • communities.vmware.com
  • communities.vmware.com
  • terminalでcommandを入力する方法があったが、私には無理
  • どうやらsecurity&privacy > privacy > screen recordingでvmware fusion.appにチェックをいれるといいらしい
  • 当該部分をみてみたが、screen recordingにはvmware fusion.appはない
  • 次にやったこと
  • vmware fusion 11.0 使用版をdownload/install
    • ここで仮想マシンを最新にするでyesとしない (戻れなくなる)
    • win7がblackoutせずに起動できた。ただし、preferenceにscreen recordingはない
    • 仕様版でシリアルNoがないので、また8.5を戻したら、画面がblackout (とほほ)
  • 次にやったこと
    • qiita.com
    • 上記に答えがあった(@utsuyoさん、ありがとう)
    • VMware Fusion 11.1.0にupgradeすると、screen recording(画面収録)でvmware fusion.appにチェックが入れられるようになった
    • それから旧バージョン(8.5)を再インストール
    • blackoutはなくなっていた (やれやれ)
  • 教訓 当たり前のことであるが、新しいOSに飛びつかない
  • catalinaは32 bit appの対応がなくなるなど、upgradeには、慎重な対応が必要

Low back pain

Vlaeyen JWS, Maher CG, Wiech K et al. Low back pain. Nat Rev Dis Primers. 2018 Dec 13;4(1):52. doi: 10.1038/s41572-018-0052-1.

  • The nonbiological risk factors include negative beliefs and expectations about pain, emotional responses, pain behaviors, perception about the relationship between pain, health, and work and social obstacles.
  • Systemic reviews of risk factors for low back pain and sciatica have suggested that physical risk factors (such as prolonged standing and lifting heavy weights), an unhealthy lifestyles ( such as smoking and obesity) and psychological factors (such as distress and the expectations that pain indicates bodily harm or injury) increase the risk of a back pain episode. In addition, manual tasks involving, for example, heavy loads, awkward postures and lifting objects not close to the body, as well as being distracted during an activity or task, were identified by patients as triggers of a new episode of sudden-onset acute low back pain.
  • A back pain is a symptoms, the aetiology could be influenced by numerous factors, including local and systemic factors, such as structural failure of the musculoskeletal tissues; inflammatory and immunological responses; genetic predisposition; excessive static or dynamic loading; emotional state; behavioural and environmental factors; beliefs and expectations about what might happen with back pain in the future and whether it can be controlled; the social consequences following the expression of pain ( increased empathy or rejection); and social system.
  • In cohort studies assessing the exposure to long-term suspected risk factors for back pain, job dissatisfaction and emotional distress were predictive of new back pain claims but not the physical aspects of work( such as spinal load) or the physical capacities of the worker(such as back muscle strength)
  • Predictions or expectations of the occurrence, magnitude and consequences of pain are generated on the basis of prior information about the state of the body(such as ‘this activity is likely to harm my back`). These predictions are influenced by a generative model of na individual’s own body (such as ‘my back is vulnerable’) and other metacognitions about health and illness (such as ‘there is nothing I can do to change my pain’ and ‘pain is always a sign fo harm`). Predictions or expectations of pain can also be generated by an individual’s own experiences, in additions to verbal information and observations of what happens to other people in similar contexts. From a Bayesian prospective, expectations of pain are compared with the actual sensation, which can confirm the prediction and the belief ( a match) or , alternatively, lead to a prediction error that urges the individual to update these beliefs(a mismatch). An individual’ homeostatic goal is to minimize prediction errors and to increase the accuracy of predictions. Whether the prediction is corrected or not largely depends on the relative precision of the sensory input and the expectation of pain. If the sensory input is less precise, the perception will be more in line with the prior expectations and vice versa. Given the ambiguity and imprecise nature of low back pain, expectation of back pain might be enough to increase its intensity or perceive inoccuous sensation as painful.
  • In patients with back pain, misinterpretation of pain as a sign of harm usually lead to pain-related fear and avoidance behaviours that further fuel the disability, depression and anxiety.
  • For example, people with chronic back pain may have lower proprioceptive acuity, with disruptions in the perceived size and alignment of body parts.
  • Screening tool - Orebro Musculoskeletal Pain Screening (OMPSQ) and the STarTBack tool
  • One of the most well-known is a randomized controlled trial(RCT) involving 2,534 US postal workers that demonstrated no reduction in the incidence of work-related low back pain with education in safe work practices and ergonomic redesign of the workplace.
  • The only effective intervention in this study was exercise, or exercise in combination with education, the latter of which reduced the risk of an episode of low back pain by 45%.
  • A treatment option for individuals with low back pain is a risk stratification approach.
  • In individuals with low risk who have no specific spinal pathology, clinical guidelines for the management of nonspecific low back pain in primary care recommend advising the patient to return to work as soon as possible, in addition to self-managed methods of pain relief and education about the causes and possible self-management of the pain
  • As part of the management of high-risk patients, one approach has been to offer a psychologically informed prevention programme as an adjunct to medical care that includes reassurance that the condition is not harmful and education about the importance of being active.
  • To increase the accessibility of psychologically informed interventions, these programmes have been delivered by other trained health-care professionals, such as physical therapists.
  • Electrotherapy, manual traction and belts, corsets or foot orthotics are not recommended for either acute or chronic pain.
  • No guidelines recommended surgery for the treatment of nonspecific low back pain as in the absence of a clear anatomical basis of low back pain.
  • One novel and more specific multidisciplinary treatment for non-specific low back pain is aimed at directly challenging the catastrophic misinterpretation of pain and various expectations about the relationship between physical activities and pain and/or back injury. The treatment is designed to create harm expectation violation (prediction error) by exposing patients to movements or activities that they consider harmful or that they predicted to increase pain. During treatment, these individuals’ predictions are challenged and brought in line with the incoming sensory and safety information, which provides an opportunity for learning new and more accurate predictions. Such treatment can considerably reduce levels of pain-related fear and the perceived harmfulness of physical activities and are cost-effective.
  • Social-level intervention to improve back pain health outcomes include mass media campaign to improve the understanding of low back pain in the general public, addressing the fears and expectations of health-care providers, removing compensation and disability policies that encourage disability and implementation studies that attempt to address important evidence-practice gap.

Prognosis of sciatica and back-related leg pain in primary care: the ATLAS cohort.

www.ncbi.nlm.nih.gov

  • prospective cohort study, n=609 with back-pain related leg pain and sciatice, > 18 year, primary care setting, 1 year follow-up
  • good outcome was defined as 30% or more reducion in disability (Rolland-Morris disability questionnaire)
  • longer leg pain duration, high identity score, and patient' belief that the problem will last a long time were the strongest independent prognostic factors negatively associated with improvement.
  • In the long term, patient's' belief that they will get better soon, and not having many other complaints attributed to the back and leg pain, were independent prognostic factors associated with improvement.
  • この問題は長く続くだろうという患者の認識があると治りが悪い
  • identity scoreはIllness Perception Questionnaire(病気認知質問紙)で測定されている

virtualbox

  • 問題点 mac OS mojave (10.14)にしたら古いfilemaker(filkemaker 11)用のソフトで印刷ができなくなった
  • 王道の解決法=とっとと最新のfilemakerを購入すること (最新はfilemaker 18!)
  • 私のとった解決法 古いfilemakerが走る古いOS環境を仮想環境(virtualbox)上に作る すくなくともHigh Sierra (10.13)までは印刷に問題はなかった
  • virtualbox+XPで古いソフトを運用しているのでmac OSでも簡単にできるかと思っていたがそうでもなかった
  • 環境 mac mini late 2012 mac OS mojave 10.14 virtualbox 6.0.10
  • 現在古いmac OSインストーラは入手困難
  • 手元に緊急時用にUSB起動できるようなUSBメモリが2つあり、古い方はyosemite 10.10だった
  • そのファイルを用いて、ここを参照しながらdisk imageを作成。(コマンドラインに知悉している必要あり)
  • 次にvirtualboxから
    • 新規 名前 任意 yosemite タイプ Mac OS X バージョン Mac OS X yosemite (64bit)
    • RAM 4096 仮想ハードディスク作成 VDI 可変サイズ 25G
    • ストレージ SATAポート2に先程作ったディスクイメージを選択
    • 128M 起動順序 フロッピー除外 プロセッサ2
    • ネットワーク ブリッジ
    • 起動
    • 文字列のスクロールのあとインストールが始まる
    • 主に日本語を使用
    • ユーティティでディスクユーティリテイ 消去 フォーマット Mac OS 拡張(ジャーナリング) 名称 任意(macintoshiHD) 消去 
    • インストール先のディスクを選択 先程の任意のdisk 続ける 待つ
    • これでOSのインストールは終了
  • filemake 11をインストール、ファイルメーカのソフトをコピー、プリンタを設定したら、High SIerraまでできていた作業がそのままできるようになった
  • yosemite(10.10)なので、virtualboxのguest additionもinstallできたが、スクリーンサイズは可変でない。
  • 現状での問題点 
    • guest OS(10.10)をサスペンドが時間がかかり、そこから起動すると挙動がおかしい(マウス使えず)
    • guest OSはかならず終了しなければならない。
  • これまでにやった試行錯誤
    • 別のmacbookvmware fusionに構築していたsnow leopard server (10.6)をvmware fusion proにupgradeし、"OVFにエクスポート"でvirtualboxに移そうとしたがうまくいかず
    • snow leopard serverのinstall diskをつかってvirtualboxに環境構築しようとしたが、うまくいったかのようにみえて、OSを終了できない、guest additionは10.7から対応というメッセージがでて、guest additionがいれられず。

「痛み」の医学 こども編

「痛み」の医学 こども編 (ちいさい・おおきい・よわい・つよい)

「痛み」の医学 こども編 (ちいさい・おおきい・よわい・つよい)

  • 自分の身の上に起こった体調の変化や痛みといったことに対する見通し、知識、予測を失うことはたいへんなんだということを、私ははじめて感じました
  • 私自身に関する当事者研究の最初のきっかけは、この、ある朝突然始まった痛みの経験と、「知識は鎮痛剤になるんだ」という気づきだったからかもしれません。
  • 主観的な痛みはかなり強いのに、検査の結果はたいしたことはない。そしてただ、痛み止めと湿布だけをだされる。そのギャップに、「自分の経験を説明できる十分な知識が得られていない」という納得のいかない感覚がありました。
  • 担当医はだまってうなずいて聞いてくれた。そしてその翌日から、痛みが嘘のように緩和した
  • 中枢機能障害性疼痛 侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛以外のいたみ
  • アプカリアン 中枢機能障害性疼痛とは痛みの記憶だ。
  • いまはないけども、かつて痛みの原因があり、その記憶が脳内にあって、思い出して痛くなる
  • 破局化思考 拡大視、無力感、反芻
  • 拡大視、無力感はトラウマに似ている
  • 記憶の痛み、記憶がうずいているんだというアプカリアンの説は「脳の錯覚」ともいわれます
  • トラウマと中枢機能傷害性疼痛というのは、「癒えない痛みの記憶」という共通点でつながっていることを学びました
  • 破局化 痛みが原因で自分の物語がうまくいっていないと信じている度合いとして解釈できます
  • 痛みが原因で、「物語」がうまくいかない状況になっていると、当然人はなんとか痛みをとってほしいと思います。痛みさえとってもらえれば、もとの「物語」を継続できる、もとの人生設計に復帰できると思うからです
  • 痛みが生じ、自分の物語の継続を邪魔している。そうとらえるのではなく、「物語」をうまく継続できなかったから痛みが生じた。そう考えると、痛みというのは「あなたの物語は見直しが必要」ということをお知らせしてくれている貴重なシグナルといえるのではないか。そのことを得心することが、「中枢機能障害性疼痛」から抜け出す入り口になるのではないかと考えたのです
  • 思えが私はあのときはじめて、それまでの人生の「物語」を人前で整理することができたのです。卒業してからどんな歩みをしてきたか、自分では知らず知らずのうちに、けっこう無理をしていたことも、しゃべりながら気がついたりもしました。
  • そして、その痛み経験をきっかけとして、それまでの人生設計とちょっとちがう進路を歩みはじめました。
  • 痛みから逃れたくて、追い詰められたとき、傷となった場所や当時を知った人たちのなかに飛び込むことになった。いわばプライドを棚上げして「物語」を語る。
  • みずから語ることで、それが、当時自分が思い描いていた人生の「物語」をあらためて見直すきっかけをくれた経験になったのではなかろうか、というのが今の私の解釈です
  • 中枢機能障害性疼痛は、人生の物語の破綻を教えてくれるシグナルであると私の考えをお話しましたが、その「物語」の破綻というのが、ほぼイコール「トラウマ」と呼んでいいでしょう
  • ということは、トラウマが、「中枢機能障害性疼痛」を引き起こしているともいえるでしょうし、あるいは「中枢機能障害性疼痛」というのは、トラウマそのものであるという大胆な解釈もできるかもしれません

現任者講習会