北原雅樹

「眠れない」にどう対処するかー睡眠薬処方の前に考慮すべきこと.

北原雅樹:「眠れない」にどう対処するかー睡眠薬処方の前に考慮すべきこと. プラクティス, 35:64-65,2018 十分な休息がとれなければ心身の疲労が取れず、慢性痛が寛解するのは困難である 慢性痛と睡眠障害とには密接な関係があり、慢性痛患者お約90%が睡…

慢性痛に対する睡眠薬の使い方と心構え

平林万紀彦、北原雅樹:慢性痛に対する睡眠薬の使い方と心構え. プラクティス, 35:177-178,2018 われわれは1日のうち約1/3を寝て過ごすが、睡眠は「疲労回復」と「脳の情報処理・記憶定着」のために必要と考えられている。慢性痛患者が良質な睡眠を喪失する…

北原雅樹 非がん性慢性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬使用の問題点 ペインクリニック 2014;35(1):21-28

非がん性慢性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬長期使用の問題点 嗜癖 内分泌系、免疫系への影響 副作用にともなうコストが無視できない 有効性 内分泌系への影響 視床下部−脳下垂体−性腺系、視床下部−脳下垂体−副腎系 性腺機能不全の症状 性欲減退、生理周期異…

篠原仁、北原雅樹 症例から学ぶ慢性疼痛 臨整外 2013;48(11):1101-1106

生物医学モデル 痛みには生物医学的原因(たとえば急性虫垂炎や、外傷による骨折など)が必ずあり、その原因を物理的治療法(手術や薬物療法など)で除去すれば痛みは必ず寛解し、いたみの寛解は患者の機能障害の減少に直結するというある意味ごく当たり前の…

北原雅樹 筋筋膜性疼痛症候群 80(7);873-877

MPSとは、「骨格筋の中の筋性のトリガーポイント(trigger point;TP)に起因する感覚・運動・自律神経系の複合的症状」と定義されている。 TPとは、「骨格筋またはその筋膜の索状硬結(taut band)内にある極めて過敏性の高い点。圧迫することで痛みを生じ、特徴…